シエンタを買いました!念願のシエンタです!新車を買うってなかなかハードルが高かったんですが、色々と調べて価格交渉もバッチリ。値引きも最大限に35万円引き出すことができました。

シエンタ 値引き

しかし、これからシエンタを交渉する方にお伝えした方が良さそうな情報として、
シエンタの値引き交渉は・・・

 

一筋縄ではいきません。

 

ちゃんと準備をして行かないと、ディーラーの担当者との話し合いの中でいつのまにか(値引きが少ないまま)ハンコを押すことになってしまいそうです。つまり何万円も・・・場合によっても10万円以上損をされる可能性があると思います。

 

及ばずながら、先にシエンタのオーナーになった者としてシエンタの値引きをいかに最大限に引き出すか、その体験談を公開していきます。そしてお得な新車の買い方を公開して行きます。

 

シエンタの値引きを上手く引き出すには、シエンタの現在の状況をよく理解しておいた方が良いと思います。シエンタは人気車ですから、トヨタさんは「シエンタは値引きをしなくても売れます」と結構強気です。

 

値引き交渉を上手く進める為に、このサイトにはシエンタのに関して知っておいた方が良い情報を記載しています。参考にして頂ければ幸いです^^

 

シエンタが今とっても売れている理由とは・・・?

 

シエンタが大人気ですね。シエンタを買うまで私も知らなかったのですが、トヨタシエンタは日本で3番目に売れている車なんですって。

 

毎月発表されている新車販売台数でも、シエンタの販売台数が3位か4位を獲得しているそうです。シエンタってそんなに売れているイメージが無かったんですが、シエンタは2015年7月のモデルチェンジで今の可愛いデザインが家族層にウケているんですって。

 

トヨタシエンタは6~7名乗りですから、もちろん夫婦で乗っている方も多いですが基本的に家族で乗る方が多いはずですので、このモデルチェンジが大当たりだと言えそうです。

私のディーラーの担当さんいわく、家族層というお客様がどんな傾向があるかと言えば、最近は奥さんや娘さんの好みで車を選ぶことが多いのだそうです。・・・確かに我が家でも妻とのやり取りからトヨタさんへシエンタを見に行くことになりました。

 

妻:あの車可愛くない?あの車、何ていうの?

私:シエンタの事?最近よく観るよね。

妻:シエンタか~。何か名前まで可愛いね!

私:じゃ、今度試乗してみよっか。

 

妻はあまり車に興味を持ったことが無いので、子供が生まれて手狭になってきたセダンから乗り換えたかった私の気持ちと妙にシンクロしました。笑 この時はまだ、1ヶ月後に新車でシエンタを買うことになるなんて思ってもいませんでした。

 

シエンタの歴史

初代シエンタの登場

少し歴史を振り返ってみましょう。
シエンタはSIENTAと書きますが、2003年にコンパクトながら7人が乗れる5ナンバーミニバンとして登場しました。それまでのコンパクトミニバンと言えば、3列目は実質使えない、使うとしても短距離くらいしか使えないという代物でしたが、デザインに工夫されたシエンタは3列目でも大人がくつろげる事が話題になりました。

今と同じ1500ccで、ガソリン車、そしてハイブリッドのエンジンタイプで、駆動方式も現行と同じく前輪駆動と四輪駆動の2種類設定がありました。

 

2代目シエンタ(現行)の登場

上でも少し書きましたが、現行のシエンタは2015年7月に登場した2代目です。初代シエンタはデビューから12年も同じデザインで続いただけあって、そこそこ売れていましたが最新の安全装備を積んでいない、燃費が最近の車と比較して見劣りする・・・と言った理由で段々と売上が伸び悩むようになっていたそうです。

そこで満を持して登場した2代目シエンタは斬新なデザインで、女性に大人気になっています。

 

シエンタの値引き交渉に苦戦していた私に希望の光が・・・

新型シエンタが7月に登場してから、定期的にトヨタディーラー各社を中心に値引き交渉を含め情報を集めていましたが、やっぱりトヨタさんはシエンタへの値引きは渋く。。。シエンタを値引きするつもりは全く無い様子でした。

シエンタ 値引き

トヨタさんのホームページにある見積りシミュレーションで税金を計算してみました。私が欲しいグレードはシエンタのハイブリッドの7人乗り。オプションを足して行くと、何と270万を超える総額になる事が判りました。。。値引きは5万10万しか無いというお話でしたので、ちょっと予算オーバーです。。

 

値引きがあまり得られない場合は今乗っている車の下取り金額の交渉を頑張ることで、支払総額を減らす努力をしますよね?私は古いトヨタのセダンからの乗り換えで新型シエンタを見に行ったのですが、
10万キロを超えていたのでトヨタの営業マンも下取り金額はつけられないというお話でした。。。


廃車代に3万円くらいかかるかも
知れません、と言われてしまいました。この時点でどうやらシエンタを新車で購入するお話は諦めた方が良いと思っていました。

 

ところが、偶然その時に再会した元ディーラー勤めの友人から聞いたお得な情報のお陰様でシエンタ購入のお話は急展開を迎えます。

 

「値引き金額も下取り金額もあまり貰えないなら、愛車を買取専門業者へ売るといいよ」というお話でした。

 

でも、古い車だから高くは売れないんだよ、とブツブツいう私を見て、友人は続けました。
「あの車だと、ディーラーでは廃車代をどうのと言われたんだろ?査定は無料でやってもらえるから、騙されたと思って
インターネットで一括査定依頼してみな。多分、30万円以上にはなるんじゃないかな」と。

 

100,000km(10万キロ!)以上走っている私の車に30万円以上ですって・・・?

 

正直、半信半疑でした。でも、買取金額が気に入らなければ売らなければ良いだけなので、失う物は何もありません。彼の家の帰りに洗車をしてから帰宅。(普段から大事に乗っていましたし、元々ピカピカにはしていました。)その晩に言われた通りネットで試してみることに。

 

・・・あまりに簡単で拍子抜けしたくらい、簡単に査定依頼が終わりました。

 

ネットで何かをするのは勇気がいるという方もいますが、私の場合は元ディーラー勤めの友人のススメでしたのですんなり聞くことができました。また、オススメされたのは上場企業が運営しているサイトでしたので安心して査定依頼できました。1分足らずで買取専門業者複数社(私の場合は6社)への査定依頼が完了。

 

一括査定依頼って素晴らしいですね。買取専門店がディーラーよりも高く中古車を買い取ることは有名だそうですが、もしも6社に1社ずつ回るとなるとかなり大変ですからね・・・。

 

さて、一括査定その結果・・・・私の10万km超えのトヨタのセダンが・・・・

 

50万円で売れてしまいました!

 

もうただただ友人の情報に感謝しかありません。
当時トヨタさんからのシエンタ本体価格への値引きが10万円、DOP(ディーラーオプション)への値引きが10万円でしたので、この時点で愛車の買取専門店への買取価格50万円を加えて
70万円もお得にシエンタを買える事になりました。
当たり前なのですが、改めて書いてみると愛車を幾らで売るかがとても重要な事が理解できました。

 

車体価格 + オプション代 – 値引き額愛車下取り代 =支払価格(税抜)

 

私自身の体験に基いて、登録プロセスが簡単で、しっかりと一括査定による価値が見える優良サイトを基準としてランキングに纏めました。愛車を高く売りたい方は是非、一括査定をお試し下さいね。
完全無料ですから)価格を見て検討、売らないという判断もできます

 

 

一括買取査定のランキングはこちらです。

1位:かんたん車査定ガイド

一部上場企業が運営する安心できるサイトです。業界で最も実績が高いです。文字通り、かんたんに愛車の市場価格が入手できますので1位です。恐らく一括査定の中で最も入力が簡単で早いです。見積依頼のお手続きはリンクを開いて概算数十秒で入力完了します。こちらも最大10社があなたの愛車を高く見積ってくれます。その中で一番高く値を付けた業者に売る事ができますのでお得という訳です。また、査定依頼が終わった時点で愛車の年式やスペック等による買い取りの「相場価格」を提示してくれます。愛車の売値相場がわかるだけでも数十秒を使った価値がありました。

↓公式ページはコチラです。
かんたん車査定ガイド

2位:車査定比較.com

こちらも実際に試してみて安心できると感じたサイトです。1位ほどではありませんが、とても簡単に愛車の市場価格(相場)が入手できます。リンクを開いて概算1分程度で査定依頼が完了でき、最大10社の査定を受ける事ができる点は1位と同じなのですが、何と全国150社と提携しているのでよりマッチングの良い=高く買い取ってくれる業者を見つけられる可能性が高いです。

↓公式ページはコチラです。
査定比較.com

3位:カーセンサー

車の買取・査定で非常に有名なサイトです。日本最大級の中古車の買取・中古車査定ネットワークがあります。最大8社の見積り比較であなたの愛車の最高額を知ることができます。事故車でも高価買取実績。何とトラックやバスだって査定します。依頼も数分で完了しますので、すぐに愛車の買取価格を知りたい方は試してみてくださいね。

↓公式ページはコチラです。
カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

買取専門店はディーラーよりも高く愛車を買ってくれる事が多いと言う友人の話は本当だったのです。一括査定依頼を駆使して、オークション形式で買取専門店複数社に一括で査定してもらう事で、愛車を高く買ってもらうことができたのです。お陰様で念願のシエンタハイブリッドと、希望していたオプションを全て付けてを購入できました^^

 

100,000kmを超えていた私の愛車でさえ50万円で売れたのです。普通の年式で一括査定してもらったら、お得な査定になる方も多いのではないかと思います。まだこのお得な無料サービスをご存じない方向けにシェアすべきだ、と考えてこのサイトを立ち上げました。

  • 新型シエンタが欲しいけど資金が・・・
  • 1つ上のグレードにしたい
  • あのオプションを付けたい
  • アルミホイールにカッコイイのを付けたい
  • かっこいいエアロを付けたい!

シエンタの値引き交渉をされるとお判りかと思いますが、今お乗りの車がある場合はディーラーは必ず下取りに関して確認されます。実は、上述の一括査定で愛車の買取金額が判った後、1週間~場合によっては数週間待ってもらえます。そうです、すぐには売らなくて大丈夫な場合が多いです。

 

交渉事は情報が多い方が有利です。ですので一括査定をして愛車の買取金額を把握した後、ディーラーとシエンタへの最終値引き交渉、そして下取り交渉をしてみて、ディーラーと買取業者の高い方に売れば最も高く愛車を売ることができます。

 

元々資金があった方は、かっこよくドレスアップするためのオプションパーツの足しにしても良いですね。

 

ちなみに、新型シエンタは当初本当に大人気で、注文してから3~4ヶ月程度の納期がかりました。今は2ヶ月以内に納車される事が多いようです。 私の体験談が、どなたかのお役に立てば幸いです。